企業情報
company

トップメッセージ

農家の健康・安全・増収を実現し、農業の発展に貢献できる企業へ!

当社は、昭和60年に高度な農業技術革新により日本農業を発展させようという志を抱き、日本農業高度技術研究会として発足しました。

翌年には、Japan Agricultural High Technology Associationの頭文字JAHTを社名化し、株式会社ジャットとして法人設立しました。

当社の事業は、オリジナルの有機肥料を主体に施肥し、土壌微生物を多様化して増殖させ、農薬使用量減を通じて農家の方々の健康保全及び味・外観・栄養価に優れた農作物の増収を実現するという目標を常に掲げて活動しております。

平成13年にはジャット式イチゴ高設栽培システムを開発しました。有機肥料施肥による味・外観の有利性に加え、収量・耐久性においても好評を得、多くの観光農園で採用していただいております。

また、肥料・土壌改良資材・農業資材等の製造だけでなく、お取引先農家に対する栽培技術の広報にも力を入れており、年間多数の現地検討会や講演会を催しています。さらにその一環として、平成6年からは栽培情報を定期的に提供するための情報誌「みらい」を年4回発行しており、農業に取り組む皆様への総合サービスを展開しております。

これからも、農家の皆様の高収益実現の為、より高品質な農業関連資材開発を続けるとともに現場での栽培指導もさらに充実させ、安全で豊かな農業環境作りに貢献できるよう努力してまいります。

2019年1月7日

企業理念
  • お客様に満足・信頼していただける質の高い商品とサービスを提供します。
  • 農業関係者の皆様とともに農業の活性化に寄与し、環境との調和を図り、発展を目指します。
  • 誠実かつ高い透明性をもって、皆様との信頼性を構築していきます。
  • 高い志を持ち、専門性を高めるために、自己研鑽を積み重ねて質の高い仕事をします。
  • 健全で効率的な経営を行ない、皆様に役立つ事業を展開していきます。
  • 社員一人一人が責任感・誇り・達成感を持てる職場を作ります。
私たちの目指すもの
  • 農家の皆様(団体)の高収益実現に全力を尽くし、農業経営の安定、繁栄を図ります。
  • 土壌分析、診断を行い、塩基バランスを調整し、物理的・科学的な成育環境を整え、有機肥料主体の施肥設計を行い、適正量を施用し環境に負荷をかけず、土壌微生物相を多様化した生き土作りを行います。
  • 作付前、生育中の圃場で栽培指導を行い、作物本来の持つ耐病性、耐候性等の生育特性を発揮させ、農家の皆様及び消費者の、安全・安心に奉仕します。
  • 高収量を実現し、品質(外観、食味、栄養価、安全性)を追求し、競争力を持つ農業を応援します。