除塩・畑の除塩・濃度障害・除塩剤・塩害・塩・塩分・海塩


現地技術指導
イチゴ高設栽培システム
元肥・追肥
液体肥料
土壌改良資材
芝生管理資材
生育調整資材
除塩・濃度障害他
経営理念
会社概要・沿革
採用情報
資料請求
除 塩 海沿いの農地に台風等の災害で海水が侵入するとナトリウム塩によりECが上昇し、植物の根が濃度障害により傷つき、生育不良や枯死に至ります。
その回復の為には堤防の修復等の土木工事だけでなく、農地の土に集積した塩類を流れやすくする資材に潟Wャットのランドライフがあります
畑の除塩 海の干拓地に海塩が多く残ると稲は赤く枯れますが水稲に比べ畑作物は塩類にはるかに弱く、濃度障害で生育不良になります。
この時はECが高いので下げる事が必要です。高EC対策にはジャットのランドライフが有効です。
濃度障害 畑の土に塩類が集積し根圏の溶液の浸透圧が高くなり、根の活性が低下し、水の吸収や養分の吸収阻害が発生し生育不良になる事をいいます。
土壌学的には塩類とは肥料分(窒素、リン、加里、石灰、苦土)を差しますが、特に窒素の一形態である硝酸態窒素が最も障害を発生させるとされます。
施肥された肥料以外に海水の浸入や陸封海(太古は海だった)が地下深くにあった所や、海底が上昇した土地では標高の高い地点でもナトリウム塩の湧き出しで植物の栽培に適さない水が出る事があります。
日本では千葉県の房総半島の山地や神戸の北六甲地区で地名に名塩、塩田等の塩の地区地名があります。又、ナトリウム温泉が山中に存在します(有馬温泉等)、畑にあるナトリウム塩をランドライフと降雨で除去しても、使用する用水にナトリウムが多量に存在する畑では次から次に生育阻害物質が来る訳ですから効果は低下しますがそれなりの生育改善効果があります。
除塩剤 肥料や海水中に含まれるナトリウム塩で濃度障害が生育中に発生している場合や今後作付けする為に土壌を調査したところ、生育が不良になるEC値が出た時には除塩が必要です。EC価が低く、生育障害程度が少ないと判断された時は深耕し10aに10t程度の水を3回程度、散水する事でEC値は下がるとされていますが、大量に蓄積している時や土中深くまで存在している時こそランドライフの出番です。10aにランドライフは20g必要で経費的には18,000円程度です。
使  用  例 ランドライフは昭和40年代に米国から輸入され、農業用として主にハウス栽培の濃度障害(生育中の障回復)対策資材として40年以上の使用実績があります。又、耕作終了後の潅水期間中の除塩資材として使用されて来ました。現在では昔ほど過剰施肥は少なくなりましたが栽培中の濃度障害予防資材として、元肥にランドライフの姉妹品「ランドパワー(粒剤)」や生育中の発根障害除去剤としての「天地十万年」として御愛用者が年々増加しています。又、変わったところでは1999年9月24日、干拓地の台風による高潮で海水から侵入し除塩剤としてたくさんのランドライフが使用されました。(5,000,000u以上の面積に対して)

COPYRIGHT(C) 2006 JAHT Co.Ltd ALL RIGHTS RESERVED